読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

江戸からたどるマンガの旅

f:id:tenuguisan:20161010132738j:plain

日比谷公園は、江戸のころ、松平肥前守邸跡だそう。三角の特徴ある図書館。日比谷図書館文化館は一階。

おもわず吹き出してしまう絵の数々。
歌川広景の「嬬恋ごみ坂の景」、江戸では決まったゴミ捨て場がなかったため、坂道の下はゴミだらけ。鼻をつまんで歩くおどけた人々が描かれていた。
坂道に敏感になっていたせいか、記憶に残る。

日比谷公園の鶴の噴水。
f:id:tenuguisan:20161010132807j:plain

池の畔の立派なモミジ?の木。紅葉、綺麗だろうな~。
f:id:tenuguisan:20161010132914j:plain

カラスが南、西、羽ばたきながら鳴く。
f:id:tenuguisan:20161010133013j:plain
9日12時ごろ。