江戸からたどるマンガの旅

f:id:tenuguisan:20161010132738j:plain

日比谷公園は、江戸のころ、松平肥前守邸跡だそう。三角の特徴ある図書館。日比谷図書館文化館は一階。

おもわず吹き出してしまう絵の数々。
歌川広景の「嬬恋ごみ坂の景」、江戸では決まったゴミ捨て場がなかったため、坂道の下はゴミだらけ。鼻をつまんで歩くおどけた人々が描かれていた。
坂道に敏感になっていたせいか、記憶に残る。

日比谷公園の鶴の噴水。
f:id:tenuguisan:20161010132807j:plain

池の畔の立派なモミジ?の木。紅葉、綺麗だろうな~。
f:id:tenuguisan:20161010132914j:plain

カラスが南、西、羽ばたきながら鳴く。
f:id:tenuguisan:20161010133013j:plain
9日12時ごろ。

江戸絵図で見るあの坂道

江戸絵図にも、本郷三丁目から少し歩いた、あの坂道は描かれている。八百屋、和菓子屋あたりは松平伊賀、とあり、下りのぼる坂道に交わるのは、菊坂とそれと平行する細い道で二つの道の間は緑地となっている。
下ってのぼる道の先は本妙寺。お寺が緑地に囲まれていたのか、江戸のころ、歩いてみたい風景だ。

文京区本郷三丁目の坂道

八百屋があり和菓子屋があり、そこはまだ、なだらかな坂道だが、その先急な下り坂。

f:id:tenuguisan:20161005034544j:plain

細い十字路が見え、それからは上り坂。ほんの小さな坂道風景だが、「あ~」と一瞬ぼんやりする。なんだかよくわからない坂道。なにかが頭をよぎるのか、過去に何か思い出があるのか、似ている景色のどこかを思い出しているのか、そのどれでもないのか~。
細い十字路はたぶん菊坂なんだろう。

f:id:tenuguisan:20161005034604j:plain

本郷三丁目の駅からこの坂道へ入るかどに、ハンバーガーの店がある。

f:id:tenuguisan:20161005195414j:plain

風味豊かなハンバーガー。
坂道とハンバーガーがセットとなり、時々、出かけたくなる。

f:id:tenuguisan:20161005195458j:plain

陸奥国と出羽国

江戸時代のある人物を思い出し、諸国を巡ったとあるので、諸国とはどこを巡ったのかと、簡単に検索してみたら、天保天明飢饉とか、旅をしたのは東北だとか書いてあった。
当時の陸奥国出羽国だ。

20代前半のひとりたびは、飢饉による義民の碑を訪ねる旅が多かった。いま思うとなにか不思議な気がする。なぜそこに興味をもったのか。

残っている写真は、以前にもtenuguisanのブログに書いたが、金沢の天保義民の碑。石碑の上に鳥がのっていて迫力がありよく覚えている。この鳥は鳳凰でその向きも意味があるという。

当時出版されていた県別歴史散歩の本が案内役だったが、その本も捨ててしまい忘れっぽいのだから、とっておけばよかったと少し後悔。40冊くらいはあった。あれ、そのことも書いたかな~?
陸奥国出羽国の記憶はないが、どこか歩いているのかもしれない。

青森を旅するなら、八戸、弘前、恐山がいい。

新宿神楽坂の坂道

坂道を歩きたいから神楽坂へ出かけてみた。なぜ坂道かはよくわからない。

普段は通らないが、飯田橋駅工事中のため、江戸城外濠牛込御門跡を通る。牛込橋と書いてあったかな。

f:id:tenuguisan:20161003212634j:plain

坂を下りて坂を上り、細いわき道も坂道。小さなお店がたくさんあり、立ち寄っていると時間があっという間に過ぎる。
色とりどり、鮮やかなイキイキした野菜が並んでいる。アケビもある。八百屋ではない。広島お好み焼きのお店。

f:id:tenuguisan:20161003213320j:plain

坂の上から牛込御門を眺めた絵がある。広々している。

f:id:tenuguisan:20161003214055j:plain

神楽坂の坂道。

f:id:tenuguisan:20161003214227j:plain

映画館

ポップコーンとコーラと思ったが、炭酸でお腹が膨らむから、カルピスで。きのうはなんか、思いっきりポップコーンを食べながら、映画をみたい気分が突然沸き起こる。
映画はその前日の夜、『シンゴシラ』みなきゃ!と、わけもわからずそう思い、アメリカのゴジラはなんかしっくりこなかったけれど、今度は日本のものだから大丈夫と思ったり。

たぶん、アメリカゴジラは、ゴジラを倒す、怪獣を倒す、敵を倒した後の勝利感や拳を振り上げ喜ぶ姿がしっくりこないのだろう。

やはり、日本のゴジラは、日本のゴジラだった。

小江戸

埼玉県の川越市、栃木県の栃木市、千葉県の佐原市は、江戸と深いつながりがあったり、町並みが保存されていたりする、よく知られている小江戸だ。

時間がとまったような、ゆったりした旅かできるといいな~